チャットレディは確定申告が必要!?しなかったらどうなる?やり方すべて教えます

自宅にいながらお金が稼げるチャットレディは、OLの副業や専業主婦の人たちの間で話題の職業です。最初はお小遣い感覚のスタートだったけど、気づいたら正社員並みの報酬を得ている人もたくさんいます。

インターネットとパソコンなどのデバイスがあれば手軽にスタートできますが、気がかりなのが「確定申告は必要なのか?」「申告すると親や夫、会社にバレるのか?」などではないでしょうか。

今回は、チャットレディで稼いだお金は確定申告が必要なのか、確定申告しない人たちの体験談や申告方法などについて詳しくご紹介します。

チャットレディって確定申告が必要なの?

チャットレディはインターネット上でやり取りするお仕事のため、確定申告は扶養と思い過ごしている人が多いです。しかし、確定申告は副業や主婦・無職など、生活状況によって必要性が異なります。

そもそも確定申告とは

確定申告は、国が国民一人ひとりの税金額を計算するための手続きです。1月1日から12月31日の収入や所得にかかる税金(所得税及び復興特別所得税)を計算して、税金の支払額が決定されます。場合によって納すぎた税金が戻ってくる(還付金)ケースもあります。

会社員の場合、職場で年末調整がおこなわれるため、税務署へ確定申告の書類を提出する機会はほとんどありません。そのため、チャットレディを副業でおこなうOLは「確定申告は必要ない」と思われている人が非常に多いです。

しかし、年末調整は給与から天引きされた所得税が払いすぎたり不足していた分を計算するため、給与以外に得た収入は申告されていないのです。

確定申告が必要な人

確定申告が必要なケースの一部をご紹介します。

・配当所得がある(株やFXなど)
・不動産所得がある(アパート経営など)
・給与所得がある(2ヶ所以上から給与を得ている)
・事業所得(個人事業主)
・雑所得がある(年金や副業などの所得)など

チャットレディを本業としている人は個人事業主になるため事業所得として計算されます。給与所得のある会社員やアルバイト・パートは、雑所得として計算されるケースが多いです。

いくら稼ぐと確定申告が必要になる?

チャットレディで一体どれくらいの額を稼いだら確定申告が必要なのか、それは現在の生活環境と年間報酬で個人差があります。

確定申告をしなくてはいけない年間報酬額の目安を、次の表にまとめました。

 

副業 主婦 無職
年間20万円以上

(月額:約17,000円)

年間38万円以上

(月額:約32,000円)

年間38万円以上

(月額:約32,000円)

 

主婦の中には、夫の扶養内のパートで収入を得ている人がたくさんいます。パートをしながらチャットレディをしても、基礎控除額の範囲内(年間38万円居ない)で所得を稼いでいるなら確定申告は必要ありません。

 

ただし、チャットレディの報酬は時間制やポイント制で計算されるため、パート主婦がおこなうとすぐに基礎控除額を超えてしまうケースが多いです。

 

扶養内で抑えたい場合

 

専業主婦やアルバイト・パート主婦が夫の扶養から外れない条件は、次の通りです。

 

・年間の合計所得が38万円以内(令和2年分以降は48万円以下)

(給与のみは給与所得が103万円以下)

・青色申告者の事業専従者で年間一度も給与を受け取っていない人

・白色申告者の事業専従者ではない

 

夫の扶養内でチャットレディをしている人、またはこれから始めようとしている人は不要から外れないように報酬額や条件を調整しなくてはいけません。

 

よく「収入が103万円以内なら夫の扶養から外れない」と噂されていますが、これは正社員やアルバイト・パートが受け取る給与のみに適用される条件です。チャットレディは給与では報酬(事業所得または雑所得)となるため適用外です。

 

確定申告しないとどうなるのか

 

チャットレディの報酬額が確定申告を必要としているのに手続きしなかった場合、次の3つのペナルティを受けなくてはいけません。

 

無申告加算税 条件 ペナルティ
無申告加算税 3月15日を過ぎても確定申告をしていない ・納める税額に対して税金が加算

※50万円まで15%、50万円を超えた部分に20%

延滞税 確定申告の期限を過ぎた後の申告 ・申告期限を過ぎた日数に応じて延滞税が発生

※年率7.3%~年率14.6%または特例基準割合+1%~7.3%

重加算税 税額計算の隠蔽や意図的な無申告で税務署から指摘を受けた

 

納めるべき税金の35%~40%をかけた額

※無申告加算税にプラスペナルティ

 

確定申告をする必要があったのを「知らなかった」「知っていた」のどちらにしても、ペナルティを受けると1.5倍以上に税金額を払う必要があります。

 

確定申告してなくて税務署にバレた…チャトレの体験談

 

実際にチャットレディとして受け取った報酬を確定申告せず、税務署にバレてしまった人たちの体験談をいくつかご紹介します。

 

・開業届けを出さなければバレないという噂を聞き、2年間無申告でした。しかし、2年目は受け取った額が年間100万を超えてしまい、税務署の方が突然訪問!確定申告についてあれこれ聞かれ、開業届けを出さずに報酬を得ているのは脱税にあたるというのを初めて知りました。罰則だけで済むとはいえ、後から税金を払うのは家計に痛手です。

 

・取引先が海外だったので日本での確定申告は要らないと勘違いしていました。どうやら税務署は海外からの入金もわかるみたいで、しっかり加算税を取られました。2ヶ月過ぎていたので、延滞税が5万円も発生してしまいました。

 

・確定申告しなかっただけで追加課税が50万円ってありえません!詐欺なのかと思い、知り合いの税理士に相談しましたが、どうやら本当みたいです。せっかく高収入だと思っていたのに、税金がたくさん取られるなら意味ない気がします。

 

・軽い気持ちでチャットレディを始めたところ、思った以上の収入へ!自分に合った職業と毎日幸せな気分でしたが、確定申告のことを後回しにした結果、加算税でがっぽり徴収されてしまった。いい機会なので個人事業主として頑張ります。

 

・無申告加算税の通知が来ましたが払えません。払えなければ財産の差し押さえと書かれていますが、財産さえない!とりあえず納税を延滞できるか聞いたところ、申請書を提出すればできるといわれたので、早速手続きしてきました。期限は6ヶ月!頑張って税金を稼がねば!

 

・税務調査ってドラマだけの話かと思っていたけど、本当にあるんですね。私にとって、今までで一番怖い話でした。帳簿なんて付けていないし、経費なんてあるのかもわからないので知らないふりしていましたが、チャットレディも経費として認められる部分が多いことを知りました。勉強しながらしっかり確定申告をしていきたいです。

 

納付額はどれぐらい?

納税額は正社員やパートなどから得ている給与収入やチャットレディの年間収入、経費などによって個人差があります。

お仕事先が大規模な企業ではないといえ、チャットレディとして働いた報酬は確定申告をして税金を納めるのが国民の義務です。収入の計算方法や経費になるものについては、後ほど詳しくご紹介します。

チャットレディで稼ぐとどれくらいの納付額になるのか、所得別の具体例は次の通りです。

※収入の計算方法や経費になるものについては、後ほど詳しくご紹介します。

OLの副業やパート主婦がチャットレディをした場合

給与所得 副業所得 所得税額
例1 250万円 40万円 19万2,500円
例2 350万円 70万円 41万2,500円
例3 60万円 30万円 4万5,000円

専業主婦がチャットレディをした場合

給与所得 事業所得 所得税額
例1 なし 130万円 6万5,000円
例2 なし 100万円 5万円
例3 なし 30万円 1万5,000円

チャットレディの確定申告のしかた

多くの女性はお小遣い感覚でチャットレディを始めているため、確定申告をどのようにおこなったらいいのかわからない人も多いでしょう。無申告による脱税にならないためにも、チャットレディの確定申告の方法をしっかり確認しておくことが大切です。

開業届けは必要?雑所得と事業所得

チャットレディが本業だけではなく、副業としておこなう人も開業届けを税務署に提出する必要があります。毎月得ている報酬は事業所得として申告するのが一般的ですが、報酬額が低い場合は雑所得として申告しても問題ありません。

開業届けを出すことで確定申告するときに経費なども計上できて、とてもメリットが大きいです。

開業届けは近くの税務署に行き、必要書類に記入して提出するだけで完了します。時間にするとおよそ20分程度なので、一時的にチャットレディをしないのなら手続きすることをおすすめします。

収入を計算

確定申告では、基本的に2つの手順で所得税の計算をします。

 

  1. 収入-経費-各種控除=課税所得
  2. 課税所得×税率-税額控除額=所得税

 

副業としてチャットレディをするなら給与所得があるため、給与+チャットレディの報酬=収入」で計算します。チャットレディの多くは通帳振り込みのため、本業でおこなっている人は通帳に振り込まれた金額で計算するとわかりやすいです。

もし、報酬を現金で手渡しされているなら、確定申告で年間収入を得ている証拠書類が必要です。必ず支払調書や給与明細書を発行してもらうようにしましょう。

税率と税額控除額は、課税所得金額によって異なります。詳しくは次の表を参考にしてください。

課税所得金額 税率 課税控除
195万円以下 5% 0円
195万~330万円以下 10% 97,500円
330万~695万円以下 20% 427,500円
695万~900万円以下 23% 636,000円
900万~1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万~4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円以上 45% 4,796,000円

 

【例】課税所得金額が250万円の場合

250万円×10%(0.1)-97,500円=15万2,500円

 

令和19年まで、復興特別所得税(原則、その年分の基準所得税額の2.1%)を併せて申告・納付が必要です。

どこまでが経費になる?

チャットレディの収入を確定申告するなら、経費をしっかり計上して納める税額を抑えましょう。経費として認められるのは、次のような項目です。

 

・家賃

・光熱費

・通信費(ネット代)

・パソコン代

・衣装代(仕事で使う洋服など)

・美容費(美容院や化粧品、エステなど)

・インテリア用品代(専用部屋など背景として使う場合)など

 

すべて必要経費として認められるとは限りません。美容費に関しては、私生活で使う機会が多いため、状況によって認められない可能性があります。

 

また、家賃や光熱費などは生活と混同しがちなため、確定申告の書類作成をする際に「事業に◯%使っている」と申告する按分が必要です。経費の判断は税務署によって違うため、わからない部分は相談することをおすすめします。

 

必要経費の額によって、夫の扶養内でチャットレディを続けられる可能性があるので、小物アイテムなど事業に必要なものは領収書をすべて保存しておきましょう。

申告書を作成

確定申告は必要な書類をすべて揃えてから、次のいずれかの方法で手続きできます。

 

・税務署宛に郵送

・手渡しで税務署へ提出

・オンライン(e-tax(電子申告システム))で提出

 

初めてチャットレディの確定申告をする人は、記入方法や提出書類についてわからない事が多いと思います。直接、税務署に出向くことで税理士や税務署のスタッフの人と相談しながら作成できるので「手渡しで税務署へ提出」が安心です。

 

確定申告する時期は毎年2月中旬~3月中旬と決まっています。たくさんの人が税務署を訪れるため、待たされることを覚悟しなくてはいけません。

 

時間がもったいないと感じる人や自分で確定申告の書類を完成できる人は、「郵送」や「e-tax」が便利です。

白色申告と青色申告

個人事業主として開業届けを提出する際、節税効果を考えるなら「青色申告承認申請書」も一緒に税務署に提出しましょう。白色申告と青色申告のなにが違うのか、比較表にまとめました。

 

白色申告 青色申告
開業届け 不要 必要
申請書 なし あり
控除 なし 10万円/65万円
帳簿 単式簿記 単式簿記/複式簿記
赤字の繰越 なし あり※3年間
専従者給与 最大86万円まで 上限なし
減価償却 10万円まで 30万円まで

 

白色申告は開業届けなどの手続きなく、帳簿も単式簿記といって日々の合計額を記載するだけで提出できます。確定申告が初めての人でも簡単にできますが、控除や配偶者への給与条件が定められているなど、デメリットが多いです。

 

一方、青色申告は開業届けと申請書の提出が必要ですが、最大65万円の特定控除や赤字の繰越を3年間できたり減価償却資産が30万円未満で一括経費にできたりと、節税に対するメリットが大きいです。

 

デメリットとして、青色申告の65万円の控除を受けるために日々の売上を細かく記載する必要があります。ほかにも、必要経費の領収書や請求書など、細かな条件をクリアしなくてはいけません。

 

一番大変な帳簿は会計ソフトを利用することで、初心者でも特別な知識なくスムーズに確定申告書類を完成できます。

ここが知りたい!チャトレ確定申告Q&A

チャットレディは自宅で手軽に稼げることから、多くの女性の間で注目されています。これから始める人やすでに始めている人は、確定申告に対するさまざまな疑問と不安があるのではないでしょうか。

 

チャットレディの確定申告で多い悩みとその答えを、詳しく解説します。

確定申告をすると親や会社にチャットレディをしてることがバレる?

副業でチャットレディをしているなら「確定申告書A」を使うと、会社や親にバレても安心です。

 

確定申告書にはAとBがあり、確定申告書Bは「チャットレディの報酬を事業所得として申告」や「サイドビジネスとした副業」の場合に使います。確定申告書Aは副業の報酬が少ない雑所得などに使うため、万が一、親や会社になにか言われても「趣味です」など答えると回避できます。

納税の書類が家に届くと親にバレる?

チャットレディしていることを会社に知られないためには、住民税を特別徴収ではなく「普通徴収」にする必要があります。この方法にすると自宅に納税書類が届くのですが、今度は親に知られる心配があります。

 

特別徴収は、本人に変わり会社が給与天引きで納税します。普通徴収は自宅に納税通知書が届くため、郵便物を親よりも先に確認すると回避できます。

マイナンバーで会社にバレることはある?

確定申告書に記載するマイナンバーの番号は、申告や納税をきちんとしているか判断するためです。そのため、マイナンバーを記入しても、会社に知られることはありません。

 

マイナンバーは個人を管理する番号なので「会社が副業しているか確認できるのでは?」と思う人も多いのですが、実際に企業が確定申告の情報を検索できないので心配する必要はないのです。

脱税したら絶対にバレるもの?

チャットレディの報酬額を低く申告したり、実際にはない経費を計上して申告したりと、どんな脱税の手口も絶対にバレます。また、申告を間違っているのにもかかわらず隠し通すことも脱税です。

 

税務署の税務調査は、思っている以上に入念におこなっているため、小さな脱税も後から大きなペナルティとして返ってくるので気をつけましょう。

税務署はどこまで調べてるの?

税務署は個人情報保護法の例外が適用されるため、銀行口座を隠し持っていても念入りに調べられるのです。

 

たとえば、脱税のために夫や子供名義の口座に入金するなど、さまざまな手口でも知られてしまいます。脱税のペナルティは決して軽いものではないので、後のことを考えて確定申告はしっかりおこないましょう。

親の扶養を外れる場合、親への負担は?

チャットレディの報酬により、親の扶養から外れると親の税金が増えます。扶養者の条件は「年間の合計所得額が38万円以下」なので、それ以上の稼ぎがあると扶養から外れなくてはいけません。

 

ただ、扶養控除額は扶養者の年齢によって異なります。

 

子供の年齢が19歳~22歳なら特定扶養控除が適用されます。所得税は63万円、住民税は45万円の控除が受けられるので、一般の控除額38万円より高いのが特徴的です。

 

扶養控除額が高い19歳~22歳の間に扶養から外れてしまうと、親の所得税は大きな負担になるので気をつけましょう。

経費を引くと38万以内だが経費を引く前は38万を超えている場合、申告は必要?

国税庁によると、確定申告が必要な人は「その年分の所得金額の合計額が、所得控除の合計額を超えた場合」と伝えています。

 

つまり、チャットレディで経費を引く前に38万を超えているけど、経費を引くと38万円以内なら確定申告の必要はありません。所得が38万円以下の場合、課税所得が0円になるため確定申告をしなくても大丈夫なのです。

 

所得とは「収入-必要経費」で計算します。税務署は、最大7年前まで経費調査ができるため、チャットレディに必要な経費の領収書などは保存しておきましょう。

チャットレディは節税しやすいって本当?

チャットレディは数ある在宅ワークやダブルワークの中でも、節税しやすい職業といえます。というのも、チャットレディとして活動するためには、化粧などの美容関係、ファッションなどの被服費、通信費などさまざまな経費が発生します。

 

経費は小さな積み重ねといいますが、年間で計算すると大きな額です。開業届けを税務署に提出する際、青色申告承認申請書も一緒に申請すると65万円の控除が受けられ節税効果が高いです。

経費はけっこう適当でもいいって本当?

「稼ぎが高い人が税務調査の対象」と思われていますが、調査対象者は稼いだ額で決まるわけではありません。経費をたくさん計上することで所得額を低くできますが、税務署に指摘されたら提示できる証拠が必要です。

 

万が一、経費が証明できなければ追加税が発生するため、経費を適当に計上するのは避けましょう。

 

チャットレディのことをもっと詳しく知りたい方はコチラ
⇒【令和版】チャットレディ求人のおすすめサイトと稼ぐコツを晒していく

⇒チャトレ「FANZA」で本当に稼ぐことは可能!利用者の収入と体験談
 

タイトルとURLをコピーしました