チャットレディの副業はバレる!?原因と対策法を徹底解説!【主婦のお小遣い術】

チャットレディのお仕事の1番不安な要素といってもいいのが、税金関係ではないでしょうか?

税金や法律に詳しい女性ならともかく、一般的な会社員やフリーター、主婦や学生の場合はあまり税金と法律に詳しくない人も多いので「めんどくさそう」と思ってしまいがち。

実は、チャットレディの税金対策は知れば知るほど美味しい話しかないのをご存知でしたか?

この記事では、会社に副業がバレない方法や税金のアレコレを噛み砕いて解説しているので、難しい話が苦手な人こそ読んでみて下さい。

また、ネイルや美容室、エステ代もタダ同然になる、お得で賢いチャットレディの税金対策術もまとめてみたのでぜひチェックしてみてくださいね!

チャットレディで副業やお小遣い稼ぎをしてバレる理由

そもそも、会社員の傍ら副業としてチャットレディをした場合、その報酬が高すぎると会社にまずバレます。

また、パートやアルバイトをしている人で「103万円までなら大丈夫」と考えている人も、扶養から外れてしまうので要注意。

どんな女性でもチャットレディとして報酬をもらう場合には「確定申告」を行う必要があります。

この「確定申告」というのは年間にいくら所得(利益)を得たかという申告を行うこと。

具体的な数字としては、会社員・主婦・フリーターなどなど、どんな女性であっても年間20万円以上の所得(利益)がある場合は必ず行わなければいけません。

ただし、この「確定申告」は非常にめんどくさそうですよね。

なにより、年間20万円は月3万円ちょっと稼ぐだけで到達してしまう数字なのも厄介です。

さらに、申告をしてもしなくても、会社員の場合は特に会社バレをしてしまう原因にもなるため、職場に副業がバレたくない人は特に気をつけなければいけません。

チャトレの収入は確定申告でバレる

職場のルール上副業を禁止されている人も多いかもしれませんが、確定申告をしてもしなくても会社にバレてしまうと聞くと「じゃあどうすればいいの?」と困ってしまいますよね。

ここでは、確定申告をせずにバレるケースや申告をきちんとしたにもかかわらず会社バレをしてしまうケースを考え、対策法をまとめてみました。

確定申告をしなかった場合

「こっそり稼いでバレなければ大丈夫でしょ」と確定申告をしない場合は脱税になってしまい、最悪の場合は会社にもバレて家族にもバレ、挙句の果てには高額な金額を払わなければならなくなってしまいます。

確定申告をしなかった場合の会社バレは防ぎようのないケースなので、チャットレディで稼ぎすぎた場合は報酬額をきちんと把握しておかなければいけません。

確定申告は文字通り自分で申告を行わなければいけないので、お金の管理はきちんとして必ず確定申告しに行きましょう。

⇒チャットレディは確定申告が必要!?しなかったらどうなる?やり方すべて教えます

確定申告をしたのにばれる原因

チャットレディの報酬が高額になったためきちんと確定申告に行ったのに会社にバレることもあります。

というのも、収入が増えることで影響を受けるのは所得税だけではないからです。

基本的には、所得税の他には住民税も収入の増減によって金額が左右されます。

この住民税というのは、会社勤めをしている人であれば給料から算出されて税金が納められる「特別徴収」がされているので、なかなか気づきにくい落とし穴とも言えるでしょう。

所得税も住民税も会社の給料をベースに年間の納税額が決められているので、固定給をもらっている人で副業をしていない場合は変動がないもの。

ですが、チャットレディの収入を確定申告すると、自動的に住民税の割合も釣り上げられるため、会社の経理の人は数字を見るだけで一発で「怪しい」とわかるのです。

そこで確定申告を行い、かつ住民税の数字でバレない対策方法としては、住民税を自分で支払う「普通徴収」の申請をすること。

「普通徴収」は確定申告と同時にしておけば確実に会社に副業を疑われることもなくなるので安心です。

会社や家族に副業がバレないチャットレディの税金対策術とは?

チャットレディは個人事業主となるため、税金関係のことは自分でしなければいけないのがネックな部分ですが、税金を味方につければ怖いものなしの職業です。

もちろん、年間20万円以上稼いでも大丈夫なように、ここからは【1から学ぶ税金対策術】をご紹介します。

1.売上が分かるようチャトレ専用の振込口座を作る

初心者の場合はチャットレディで20万円の壁を突破するかどうか分からないため、年間の報酬の予測も立てづらいもの。

また、すでに20万円を突破した人でも「税金関係の手続きは難しい」と、稼げたがゆえに頭を悩ませている人もいますよね。

このお金の管理を一発で解決する方法は、ズバリ「チャットレディ専用口座」を作ること。

チャットレディの報酬は銀行振込で支払われるため”空の口座”を準備し、そこへ報酬を振込してもらえば「何月何日にいくら報酬があった」というデータが残り、通帳記入をするだけで一発で把握できます。

この専用口座は

運営サイトからの報酬振込
お金の引き出し

この2つのお金の流れをデータとして残すために、プライベートの通帳や引き落とし通帳とは分けておくようにしましょう。

2.年間20万円以上の”利益”があったら必ず確定申告に行く

年間の所得20万円という金額は、「純粋な利益=20万円以上」という意味合いがあります。

例えば、チャットレディを始めて年間50万円の報酬があっても、仕事のための支出が30万円以上あれば純粋な利益は20万円を下回り確定申告をする必要はありません。

具体的には、仕事に必要なパソコン、配信用カメラやイヤホンマイクを購入した代金、インターネットの請求やポケットWi-Fiの請求など、”仕事にまつわる出費”は「必要経費」として報酬から引くことができます。

つまり、「報酬=利益」ではなく「報酬-経費=利益」という計算式で20万円を超えないように利益調整をすれば確定申告の必要もなくなるのです。

仮に20万円以上の利益があっても経費を引いたお金と引かないお金では所得税の額も変わってくるので、賢く経費で利益調整をしてみましょう!

3.経費で落とせるものは申告!節税方法

チャットレディは体が資本の仕事と言えます。

先ほどの話のように、カメラやマイク代、PC代や光熱費なども立派な経費ですが、まだまだたくさん経費として計上できるものはたくさん。

経費というのは「仕事に関わるお金か?」を説明できれば認められる便利なものなので、チャットレディで副業をするならこれを利用しない手はありません。

チャットレディの副業で落とすことができる経費の具体的な例をまとめてみました!

経費の例 仕事上の必要性
PC・マイク・カメラ・イヤホン代金 スマホよりも通信回線が安定し、売上アップに繋がる
インターネット代金、電気代 チャットレディの副業時間をカウントすると、何割かは仕事上使っていることになる
ネイル、美容室、まつエクなどの代金 印象を変えることでイメージアップ効果に繋がる
化粧品、ウィッグ、下着の代金 普段自分では使用しないものは仕事上の都合で購入したと言える(身バレ対策・売上アップ効果に繋がっている)
ソファや机、照明の代金 普段自分では使用しないものは仕事上の都合で購入したと言える(身バレ対策・売上アップ効果に繋がっている)
本などの書籍代 接客マナーや心理テクニックなどの本は仕事の品質向上や売上アップに繋がる
アダルトグッズやコスプレ用品 仕事で使用しているものであればOK
銀行の振込手数料 報酬の振込手数料がかかる場合はこちらも経費になることも。

すべてのものが全額経費として計上できるわけではありませんが、きちんと仕事で使っている・必要な支出と証明されれば報酬から差し引くことができます。

ただし、この話は「レシート」や「領収証」がきちんと残っていて、なおかつ仕事の道具として使うもののみのお話。

仕事で使うもの、もしくは関係のありそうなものは領収証やレシートをきちんともらい、裏面に鉛筆で「○○に使うためのもの」と利用用途を明確にしておくと安心です。

また、月額の計算がしやすいようにひと月ごとで封筒やファイルにまとめて、確定申告まで大切に保管しておきましょう。

いくらから?チャトレを副業から専業にした先輩の月収事情

税金のことが少しずつ分かれば、あとはたくさん稼いで報酬を膨らませるだけ。

そこで気になってくるのが、「みんなは一体いくらから専業として働いているのか?」ということですよね。

専業チャットレディとして働く場合は月にどのくらい報酬うがあればいいかの目安が知りたくなりますよね。

通勤チャットレディはパートやバイトの代わりに働きに出ている女性も多く、地域によって若干ことなるので、ここでは大手チャットレディサイト「ポケットワーク」を例に、東京の相場と大阪の相場で比べてみました。

東京の専業チャットレディの月収事情

東京の専業チャットレディの場合
本業チャットレディの割合 全体の8%
平均月収(週5以上) 36万4000円(週1勤務の方の6.5倍)
最高月収(週5以上) 104万4400円(週1勤務の方の5倍以上)

(出典:ポケットワーク)

本業のチャットレディは全体の10割以下ですが、週5日の仕事で36万以上を稼ぎ出しています。

週に1日勤務している人に比べてはるかに稼いでいる人も多く、人によっては月収100万円以上の報酬を上げている人も。

平均的な額なので36万を下回ることも上回る可能性もありますが、会社員の給料ほどの額を稼ぎ出すことも夢ではなさそうですね!

大阪のチャットレディの月収事情

大阪の専業チャットレディの場合

東京の専業チャットレディの場合
本業チャットレディの割合 全体の9%
平均月収(週5以上) 32万7000円(週1勤務の方の6倍以上)
最高月収(週5以上) 83万1000円(週1勤務の方の6倍以上)

東京に比べると平均額は下回るものの、30万以上の報酬を稼ぎ出しているようですね。

最高月収も80万と、100万円には届かないものの十分な額を稼ぎ出しています。

また、注目したいのは本業としてチャットレディをしている割合が東京よりも多いこと。

そこが平均額を下げていることも考えられます。

どちらの場合であっても平均月収は35万前後とバイトやパートに比べてはるかに高く、30万を超えたくらいから副業から本業にシフトチェンジするのもいいかもしれません。

まとめ

チャットレディで副業を行うと税金関係のことが心配になる人も多いかもしれません。

ですが、1度確定申告を行えば翌年からは同じ手続きを行うだけなので、最初の一歩さえ踏み出せば心配はなさそうです。

何より、たくさん稼げば稼ぐほどお金に余裕が出来るので、税理士費用の負担額もそこまで痛手にはならないのではないでしょうか。

せっかくお金を稼ぐなら仕事に関係する出費は経費として計上し、お得で賢くチャットレディのお仕事をするのがオススメです。

チャットレディについてもっと詳しく知りたい方はコチラ
⇒【令和版】チャットレディ求人のおすすめサイトと稼ぐコツを晒していく

⇒チャットレディの仕事内容や流れは?本当に稼げるのか?平均時給や報酬の受け取り方を調査

タイトルとURLをコピーしました