【令和版】チャットレディ求人のおすすめサイトと稼ぐコツを晒していく

チャットレディオススメサイトと稼ぐコツ

稼げる人はやってる!チャットレディで稼ぐコツ

チャットレディで稼ぐコツ

チャットレディは「話してみたい!」と思うような第一印象も大切ですが、稼ぐためにはコツがあります。チャットレディとして稼ぐための10のコツを紹介しましょう。

カメラ映えするナチュラルメイクにする

キャバクラ嬢みたいな盛りすぎもNGですが、すっぴん風やナチュラルすぎると、印象に残りません。コツはカメラ映えをするナチュラルメイクです。
インスタ映えとはまた違いますが、写真映えするメイクをすると、カメラ映りも良くなります。
肌の質感・リップなどをナチュラルに見えるように工夫をしましょう。

アイメイクは盛る

ナチュラルメイクの中でも、アイメイクは特に力をいれたいパーツです。つけまつげを使い目元をはっきりさせると◎!
優しい印象を与えるようなメイクを心がけましょう。
カラコンを入れて黒目部分をくっきりさせるだけでも、顔の印象は大きく変化します。

メイクは、すべてのパーツに力を入れるのではなく、盛る部分とナチュラルに仕上げる部分のバランスを大切にしましょう。

ウィッグを使う

毎回ヘアセットをしてチャットレディになるのは、正直言って面倒です。
こんな時に役立つのがウィッグ!かぶったり、つけたりするだけなので楽です。

カメラ越しだとウィッグの質感はばれないので、安いタイプでも大活躍!100均一でも売っています。顔バレ対策にもなるのでオススメです。

照明は程よく。当てすぎない

あからさまに照明を当てると、わざとらしく映ります。
ライトを当てる距離・照明の数にもこだわりましょう。

昼白色はより自然な光を出すのでオススメです。
顔の正面に当てるよりも、角度を決めて両サイドに置くとキレイに映ります。

固定客より新規客の獲得に力を入れる

確かに毎回来てくれる固定客を作ると、安定した収入につながります。
リピーターができたら満足してしまうかもしれませんが、新規客の獲得に力をいれましょう。

固定客ができて満足するのではなく、どんどん新規開拓をしていきます。
固定客だった人が自分を求めなくなったり、違うチャットレディが気に入れば、ぱったりといなくなってしまうからです。
新規顧客は常に獲得する勢いでいきましょう。

絶対に脱がない(ノンアダルトの場合)

アダルト系の要素が全くないチャットレディなら、絶対に脱ぐのはNG!ノンアダルトでサービスを利用している男性は、話し相手が欲しかったり、癒し要素を求めています。
1回でもアダルト要素を出してしまうと、男性側が警戒するので要注意!運営に通報されたら、チャットレディとして働けなくあるので気をつけましょう。

男性の好きそうな話題を調べる

その場でなんとなくおしゃべりするのも悪くないでしょう。しかし、毎回このパターンを繰り返していると飽きられてしまいます。事前に男性が好きそうな話題をリサーチしたり、話すネタの土台を作っておきましょう。

  • 好きなアーティスト
  • 芸能スキャンダルの話
  • ご飯や飲み物系の話
  • 趣味や休みの日の過ごし方
  • 寒い暑いなど当たり障りない会話

なんとなくのキーワードを事前に考えておいて、会話が広げられたら男性もリラックスして話しをしてくれます。

キャラを作って演じる

素の自分で話すよりも、女優になりきってキャラを作って話すと◎!清楚なお姉さん・元気系キャラ・おっとり・ふんわり・知的な女性など、自分がどんなキャラとコンセプトで会話をするかある程度固めておきましょう。

見た目とのギャップを作る

男性はギャップに弱いのです。アダルト要素関係なく、男性をとりこにするモテるテクニックとして昔から通用する技とも言えます。

  • 見た目はおっとり系なのに、実は知的
  • 天然キャラ失敗が多そうなのに、仕事はしっかりこなす
  • 気が強そうなのに、本当は涙もろく子どもがすき

このように、見た目と中身にギャップがあると、グっと惹かれます。
普段の自分とは正反対のキャラを演じるといいかもしれません。

ゴールデンタイムにインする

チャットレディを利用する男性のアクティブ数が多いゴールデンタイムは、夜〜深夜帯といわれています。
男性側も昼間は仕事をしているので、夜にログインする人が多いからです。
待機時間が短くて効率よく稼げるので、自分のタイミングではなく、男性側のタイミングに合わせましょう。

ノンアダなのにアダルトを求められたら?

アダルトを求められたら

ノンアダルト全体のサイトなのに、アダルト要素を要求してくる男性がいます。軽いセクハラまがいなことから、過激な発言をする人も。
あいまいに拒否していると、相手もどんどんエスカレートしていきます。冗談ぽくやんわり断ってみたり、うまく違う話しに反らしましょう。毎回要求されたり、あまりにしつこいときは強制退出させたり、運営に相談をしましょう。

話の途中で退室される…退室されない会話術

退室されない会話術

  • あからさまではなく、ナチュラルに男性をうまく立てる
  • 相手の話を親身になって聞く
  • 共通点や共感できることを伝える
  • 相手の話しをしっかり聞く

一方的にどんどん話をするのではなく、まずは、相手の心にうまく入りこむことを心がけます。
「この人話しやすいな」「緊張しないな」と感じさせるのがコツです。
話を否定せず、ただ聞いてほしい男性もたくさんいるので、寄り添ってあげましょう。

どの年代が釣りやすい?男性の年代ごとの特徴

10代?20代前半 遊びや興味感覚で登録している人が多数。短い時間で楽しもうとポイントを気にしがち。大人の女性と話してみたいのかもしれません。
20代後半 アダルト要素を求めがちな世代です。アダルトな要求をされないように、タイミングよく仕事や趣味の話をしましょう。
30代 既婚者が多く、それなりに大人の会話ができるので、アダルト要素を求めない人が多い傾向が。一線を超えず、友達以上恋人未満の程よい関係を築きやすい年代です。
40代以降 マニアックな人が多く、アダルト要素を求めていることも。

チャットレディを利用する男性の年代は幅広いのですが、特に30代の方が多いようです。仕事や家庭のストレスが溜まりやすいので、癒しを求めているのかもしれません。
チャットレディが稼げるのは、会員になっている男性側がそれなりに高い利用料を支払っているから!稼ぎがそれなりにあり、キャバクラや風俗とは違った癒しを求めている30代の男性は狙い目かもしれません。

チャトレ求人を選ぶコツ!稼げるサイトをおすすめ

サイトによってはインセンティブがあったり、在宅勤務・通勤チャットレディなど働き方もいろろ!単価だけを重視するのではなく、サポート体制が整っていて、稼げるサイトに登録しましょう。
複数のサイトに登録して、時間帯で使うサイトを分けるのも◎!

ファンザ【FANZA】

ファンザ

ファンザは業界最大手のDMMグループだから超安心。一番のおすすめです

チャットレディで稼げない人の特徴

こんな人は稼げない

チャットレディは、一見すると誰でも稼げるイメージですが、実はコツが必要!チャットレディでうまく稼げない人の特徴を7つあげます。

メイクがナチュラルすぎる

派手すぎず、清楚なナチュラル系のメイクを好む男性はたくさんいます。
実際に会って話するときはナチュラルメイクに惹かれる人は多いですが、カメラ越しに映ると、地味な印象を持たれます。
また、男性と女性が理想とする「ナチュラル」の感じ方には違いがあるので、注意しましょう。

髪型が適当

髪型は人の印象を大きく左右します。「直接会わないし、ただ話すだけ」だと思って油断して手を抜いていると、男性もからも選ばれにくいようです。
ビシッと決めるのではなく、身だしなみとして、それなりに気を使うべきなのかもしれません。

白塗りしすぎ

ナチュラルすぎると地味に見えますが、意識して濃くすると違和感を与えます。
特に若く見せようとファンデーションを厚くぬると、ウェブカメラ越しではかなり不自然に写ってしまうのです。
自分では大丈夫と思っていても、第三者が見ると違和感を覚えてしまうので気をつけましょう。

照明をあてていない

ウェブカメラの場合、ライトがしっかり当たっていないと肌がキレイにうつりません。
稼げていない人は照明や明るさまで気にかけていない人も多いようです。
モデルさんの撮影やTVの収録時にも使われているので、自分も芸能人になったつもりで使ってみましょう。

固定客を作ろうと必死

稼ぎが欲しいからといって、必死にアピールをして男性側が引いているパターンです。
稼ぎたい気持ちはわかりますが、これでは男性も話したいと思わず、1回きりの相手になってしまいます。
「結局お金が欲しいだけ」と思われない工夫が必要なのかもしれません。

すぐに脱ぐ(ノンアダルトの場合)

男性は求めているはず!と勘違いをして行動に移していませんか?
ノンアダルトの場合、これは規約違反に当たります。
ただ女性と話がしたいだけの男性の場合、「この女性はやばい人」と思うかもしれません。関わりたくないと思われるので要注意!

会話の下調べをしていない

その場の雰囲気と会話の流れでダラダラ話しているパターンです。
次々に会話が盛り上がって「楽しい」と感じられると、また話したいと思えるかもしれません。
ただ、間が持たず、無言の時間ができてしまったり、気まずい時間が流れると、リピータには繋げられないでしょう。

チャットレディ体験談

チャットレディで実際あった成功談と失敗談を紹介します。

成功談

昼はOLとして働いて、夜は週2~3程度で隙間時間にチャットレディをしていました。一人暮らしの寂しさの解消もありますが・・・。ノンアダルトサイトでしたが、やはりアダルト要求してくる男性は多い(笑)
だけど冗談っぽくかわして違う話にすり替えたり、やんわりと交わせるようになると、男性側も要求してきませんし、リピーターになってくれることも。(20代後半)
最初は待機時間が多かったのですが、慣れてくるにつれてすぐにお話できるようになりました。途中退出されることもありますが、男性側の緊張がほぐせるような会話を心がけていくうちに固定客もゲット。正直言って慣れですね。(20代前半)
顔の第一印象は大事だと思います。容姿端麗でなくても、女はいくらでも盛れる!(笑)20代の需要が多いですが、30代でも稼げます。
女性側と男性が感じる「ケバい」にはだいぶ差があるので、多少派手めにしても大丈夫!あとは女優になったつもりで、役を演じきれば仲良くなれます。コミュニケーション能力が高い人は稼ぎやすいと思います。(30代前半)

失敗談

以前話をした人が来てくれたけど、私の勘違いで全く別の男性とした会話をしてしまいました。「え?なんのこと?」と言われて、しまった!と思った時にはもう遅かったです。
常連さんでしたがもう来なくなってしまいました。人や名前を間違えるのだけは気をつけてください。(20代後半)
会話の途中に寝落ちしてしまったことがあります。電話待ちを解除せず、そのまま・・・。相手の方から「寝てるの?」とメールが来てました。(20代前半)
私側ではお客さんは1人だけではないのですが、男性側は自分だけを独占している気分になっていることもあるので気をつけてください。
やきもち機能があって、違う男性と通話しているのがバレないように設定できますが、2台携帯を持っている人がそれに気づいて、他の人と会話をしているのがバレました・・・。あれは修羅場でした。(30代後半)
タイトルとURLをコピーしました